フケ症の原因について

皮脂を分泌する皮脂腺は頭皮にあります。この分泌物を栄養源としている菌(常駐真菌)がいます。

通常であれば問題ない菌で、誰の皮膚にも存在する菌です。
ですが、この皮脂が増えてくるとこの菌がよろこんで大繁殖してしまいます。フケ症の方はこの菌が異常繁殖していることがわかっています。

この菌を癜風(でんぷう)菌といいます。
癜風菌はカビの一種です。

そして、カビの一種である癜風菌が皮脂を脂肪酸に分解すると、角質の新陳代謝が速くなります。そうすると、角質がどんどんとはがれ落ち、フケが増える。

これがフケ症原因となります。


特に若い男性の場合、脂症という体質や、食生活、生活習慣のみだれが原因になるといわれています。疲労やストレス、睡眠不足などもフケ症の発症要因となります。

以前はステロイド外用剤を使用し一時的に脂漏性皮膚炎を抑えていましたが、使用を中止するとすぐに再発してしまうことがほとんどでした。

現在はフケ症の原因として癜風菌が繁殖していることが分かっているため抗菌作用のあるシャンプーなどが販売されています。


タグ:フケ症 原因

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。