フケ症と脂漏性皮膚炎

フケ症脂漏性皮膚炎は大きく関係しています。脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は、「乳児の脂漏性皮膚炎」と、それ以外の「成人型の脂漏性皮膚炎」とに分けられ成人型脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が盛んになる思春期以降の中高年に発症が多く見られます。

症状としては皮脂がカビによって脂肪酸に分解される時に皮膚に炎症が起こってしまうものです。この病気は皮脂とカビが原因となっていますが、本来誰にでも常在し、問題ないものです。

しかし、フケで悩み皮膚科の医師に脂漏性皮膚炎と診断される方の場合、これが異常に繁殖してしまっています。脂漏とは皮脂の分泌が多い事で、主に頭、鼻の両側、みけん、耳の裏、背中にあります。炎症を起こすと痒くなり症状としては以下のようなものがあります。

○皮膚表面が、部分的に脂っぽくそれ以外の皮膚は、かさつき皮がむけ赤みを帯びている状態。
○頭皮、鼻の両側、みけん、耳の裏、背中などに炎症や痒みがある。
○頭皮などの毛穴から黄色い脂のかたまりが出る。頭皮などから大量の脂やフケが出る。
○顔全体の肌が赤みを帯びている。

アトピーや脂漏性にきびと間違われやすい症状ですが、まったく違う病気です。フケで悩んで皮膚科の医師に診断される多くの場合は、脂漏性皮膚炎と診断されています。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。