フケ症の原因について

皮脂を分泌する皮脂腺は頭皮にあります。この分泌物を栄養源としている菌(常駐真菌)がいます。

通常であれば問題ない菌で、誰の皮膚にも存在する菌です。
ですが、この皮脂が増えてくるとこの菌がよろこんで大繁殖してしまいます。フケ症の方はこの菌が異常繁殖していることがわかっています。

この菌を癜風(でんぷう)菌といいます。
癜風菌はカビの一種です。

そして、カビの一種である癜風菌が皮脂を脂肪酸に分解すると、角質の新陳代謝が速くなります。そうすると、角質がどんどんとはがれ落ち、フケが増える。

これがフケ症原因となります。


特に若い男性の場合、脂症という体質や、食生活、生活習慣のみだれが原因になるといわれています。疲労やストレス、睡眠不足などもフケ症の発症要因となります。

以前はステロイド外用剤を使用し一時的に脂漏性皮膚炎を抑えていましたが、使用を中止するとすぐに再発してしまうことがほとんどでした。

現在はフケ症の原因として癜風菌が繁殖していることが分かっているため抗菌作用のあるシャンプーなどが販売されています。


タグ:フケ症 原因

フケ症と脂漏性皮膚炎

フケ症脂漏性皮膚炎は大きく関係しています。脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は、「乳児の脂漏性皮膚炎」と、それ以外の「成人型の脂漏性皮膚炎」とに分けられ成人型脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が盛んになる思春期以降の中高年に発症が多く見られます。

症状としては皮脂がカビによって脂肪酸に分解される時に皮膚に炎症が起こってしまうものです。この病気は皮脂とカビが原因となっていますが、本来誰にでも常在し、問題ないものです。

しかし、フケで悩み皮膚科の医師に脂漏性皮膚炎と診断される方の場合、これが異常に繁殖してしまっています。脂漏とは皮脂の分泌が多い事で、主に頭、鼻の両側、みけん、耳の裏、背中にあります。炎症を起こすと痒くなり症状としては以下のようなものがあります。

○皮膚表面が、部分的に脂っぽくそれ以外の皮膚は、かさつき皮がむけ赤みを帯びている状態。
○頭皮、鼻の両側、みけん、耳の裏、背中などに炎症や痒みがある。
○頭皮などの毛穴から黄色い脂のかたまりが出る。頭皮などから大量の脂やフケが出る。
○顔全体の肌が赤みを帯びている。

アトピーや脂漏性にきびと間違われやすい症状ですが、まったく違う病気です。フケで悩んで皮膚科の医師に診断される多くの場合は、脂漏性皮膚炎と診断されています。

乳児脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)

乳児脂漏性皮膚炎は、生後3カ月以内の乳児に最も多く発症します。生後3カ月ごろの赤ちゃんは皮脂の分泌が活発なため、この湿疹がよくでき炎症を起こします。乳児脂肪冠とも呼ばれます。
皮脂の分泌が多い頭やひたい、まゆ毛、鼻の周り、あごなどに黄色いフケ状のものがつきます。これは皮脂がかたまったもので、かさぶたのようになります。ベタベタとした感じですが、成人型と違い痒みはありません。かさぶたをはがすとうみが出てくることもあります。

対処としては、お風呂に入ったときには、石けんでよく洗い、顔はガーゼに石けんをつけてよく泡立て丁寧に洗います。また、洗ったあとは石けんは十分に洗い流すことが重要です。

まずは皮膚科に相談するのが良いと思いますが、ほとんどの場合、5〜6か月までにおさまります。
あまり心配はいらないようですが、乳児脂漏性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎と区別がしにくいので、注意が必要です。

対処法として重要なことを以下にあげます。

○かさぶたを爪ではがさない。
○爪をよく切っておく。
○かさぶたはワセリンやオリーブオイルをつけてふやかして洗う。
○汗をかいたら頻繁に着替えをさせる。
○石けんは無添加を選ぶ。
○ゴシゴシと擦って洗わない。
○入浴後は、医師の指示に従って処方された薬を塗布する。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。