睡眠で解消

フケ症の内的原因としてホルモンのアンバランスや自律神経失調(交感神経緊張)が原因として挙げられます。これらはストレスが大きな原因となります。

フケ症ストレスも原因のひとつとして考えられます。解消方法としては睡眠や休養を十分とりストレスをためないように心がけることが重要です。

しかし、現代はストレス社会なのでストレスをなくすというのは限りなく不可能です。

日々わたしもストレスをためています。。

そのかわり睡眠を十分にとることで多少のストレスは解消されます。
最低6時間以上の睡眠をとり、規則正しい生活をおくることがフケ症改善の一歩だといえます。

適度な運動によってもストレスは解消されますね。
ストレス解消としての飲酒や喫煙は逆効果です。少量であれば問題ないですが、過度の飲酒や喫煙は何も良いことはありません。



飲酒と喫煙で解消!?

ストレスがたまると発散方法に飲酒や喫煙をおこなう方は多いかと思います。
喫煙は、毛細血管を傷めるため一服する度に、毛細血管は萎縮し、血行不良を起こします。喫煙においてはフケ症に限らず体そのものに与える悪影響はあきらかです。飲酒においては、そのものが頭皮に悪影響を与えるということはありません。

しかし、過度の飲酒は頭皮や髪が栄養不足になり代謝異常を引き起こし、結果として悪影響を与える可能性があります。

あまりお酒が強くない人が飲みすぎると顔が赤くなり、脂ぎったり頭がベタベタしたりします。居酒屋などで長時間飲んでいる人を見ると血色がよく顔がテカテカと脂ぎっていますね。

これは、飲酒をすることで体内でアルコールが分解され、血液中の栄養や酵素を押しのける性質の物質が生成されることで、頭皮に栄養が行き渡らなくなるからです。

このように皮脂の異常分泌はフケ症の直接的原因となります。

また、毎日晩酌をする方は、皮脂腺が活発化し、男性ホルモンの還元酵素が大量に生成されやすくなってしまいます。脱毛にも影響してしまう可能性があります。

あまりストレス発散にアルコール類はお勧めしませんが、適量(ビールなら大瓶1本、日本酒2合程度、焼酎なら2杯程度)であれば問題ないと思います。また、週に数日飲酒しない日を作ることが大切ですね。
タグ:フケ症

半身浴で解消

フケ症改善のためのストレス解消方法として半身浴がお勧めです。

入浴をして体が温まると毛穴が開くので、余分な脂質や毛穴がつまった汚れも洗い流すことができます。ただ、本来必要な皮脂は失われないので乾燥したりせず、潤いは失われません。
熱い温度だと交感神経が刺激されてしまうので逆効果ですが、ぬるめの温度(38度〜40度くらい)のお湯にゆっくりとつかると効果があります。

そうすることで、副交感神経が働きリラックス状態となりストレスが発散されます。
ただ、長湯は良くないので30分前後が目安となります。

そして、ぬるめのお湯にゆっくりとつかることで血行が良くなり新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になると老廃物が汗とともに吐き出され脂漏性のフケ症も改善に向かいます。ダブルで効果があるということになります。

その他にも半身浴の効果は冷え症改善や疲労回復、美容やリラクゼーション効果があります。

是非お試しください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。