あまり気にしすぎない

髪の生え際などにフケが固まっていると、つい気になりさわってしまいます。それがどうしてもクセになってしまい、家の中でも電車に乗っていても頭をさわっているようになってしまいます。フケ症の原因は菌なので衛生的にもよくありませんし、肩や背中にフケがポロポロと落ちてしまう原因にもなります。

フケ症の場合、痒みもあるので、ついつめでかいてしまうようなこともあります。

しかし、つめ等でかくと、血がでる → かさぶたになる → 気になってさわる → 血がでる、の繰り返しになってしまいます。

これでは癜風菌がよろこんで繁殖をうながすだけです。
どんどん治りが遅くなり悪化してしまいます。

頭皮や髪をさわることでフケが落ち余計に目立つことにもなるので、気にするなといっても難しいですが、完治するまでは頭皮を清潔に保ちなるべくさわらないようにしてください

普段、頭皮や髪をさわらない、かかないことがフケ症対策基本中の基本です。

posted by フケ症治そう at 19:38 | フケ症の対処法と予防>フケ症対策の基本 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする