これは厳禁!?

フケを気にするあまり洗髪をしすぎると、皮膚に必要な脂質(皮脂)まで洗い流されてしまいます。皮膚を守ってくれている機能までが低下してしまうので、外部からの刺激に弱くなるため頭皮トラブルやフケ症の原因になってしまいます。また、刺激に弱くなった状態では、いつも使っているシャンプーや整髪料も、害のあるものに変わるので注意が必要です。

シャンプーを刺激の少ないものに変えることや、毛染めやパーマを控えることはフケ症改善には基本といえます。

また、経験上フケ症が治るまでは、整髪料(ヘアスプレー、ムース、ワックス等)はあまり使わないほうが良いと思います。どうしてもという場合は、整髪料を油分の少ないものに変えるだけでもよいです。
不必要な油分はフケ症には大敵です。

そして整髪料を使用した場合は、しっかりと整髪料を落とすように洗髪することが大事です。

posted by フケ症治そう at 22:03 | フケ症の対処法と予防>フケ症対策の基本 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする