早く治すために

フケ症は不治の病ではないのでもちろん治ります。

しかし、ただのフケだからと甘く見ていると一向に治らず長く付き合っていかなければならない病気となります。長期化してしまう原因は正しい対処法をしらないことが原因の一つです。

10年以上フケ症と付き合っているという人もめずらしくないです。私も10年以上フケ症と付き合ってきた一人です。

フケ症を完治させるには、食生活から生活習慣まで改善していき洗髪方法シャンプー選びなど改善する意思と根気と正しい対処法が必要です。

すべてを継続して改善していけば以外に早く治る可能性はあります。
しかし、治ったとしても再発する可能性は大いにある病気なので継続することがとても大事です。


生活習慣病とも言われる病気なので日々の生活改善をしていくことが一番大事だといえます。

posted by フケ症治そう at 19:12 | フケ症の対処法と予防>フケ症対策の基本 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまり気にしすぎない

髪の生え際などにフケが固まっていると、つい気になりさわってしまいます。それがどうしてもクセになってしまい、家の中でも電車に乗っていても頭をさわっているようになってしまいます。フケ症の原因は菌なので衛生的にもよくありませんし、肩や背中にフケがポロポロと落ちてしまう原因にもなります。

フケ症の場合、痒みもあるので、ついつめでかいてしまうようなこともあります。

しかし、つめ等でかくと、血がでる → かさぶたになる → 気になってさわる → 血がでる、の繰り返しになってしまいます。

これでは癜風菌がよろこんで繁殖をうながすだけです。
どんどん治りが遅くなり悪化してしまいます。

頭皮や髪をさわることでフケが落ち余計に目立つことにもなるので、気にするなといっても難しいですが、完治するまでは頭皮を清潔に保ちなるべくさわらないようにしてください

普段、頭皮や髪をさわらない、かかないことがフケ症対策基本中の基本です。

posted by フケ症治そう at 19:38 | フケ症の対処法と予防>フケ症対策の基本 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは厳禁!?

フケを気にするあまり洗髪をしすぎると、皮膚に必要な脂質(皮脂)まで洗い流されてしまいます。皮膚を守ってくれている機能までが低下してしまうので、外部からの刺激に弱くなるため頭皮トラブルやフケ症の原因になってしまいます。また、刺激に弱くなった状態では、いつも使っているシャンプーや整髪料も、害のあるものに変わるので注意が必要です。

シャンプーを刺激の少ないものに変えることや、毛染めやパーマを控えることはフケ症改善には基本といえます。

また、経験上フケ症が治るまでは、整髪料(ヘアスプレー、ムース、ワックス等)はあまり使わないほうが良いと思います。どうしてもという場合は、整髪料を油分の少ないものに変えるだけでもよいです。
不必要な油分はフケ症には大敵です。

そして整髪料を使用した場合は、しっかりと整髪料を落とすように洗髪することが大事です。

posted by フケ症治そう at 22:03 | フケ症の対処法と予防>フケ症対策の基本 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする